« (遺)灰とダイヤモンド | Main | Google Maps と Google Earth »

シモキタが変わってしまう?

こんなサイトに出くわした

下北沢再開発を考えるページ

大学時代、ほとんど小田急沿線に下宿しており、下北沢にはよく
行っていた
町田や経堂なんかも好きだったけど雰囲気的にはやっぱり下北沢
がイチバン好きだった

故郷に戻り5年が経過した頃、再び彼の町を訪れたとき変貌の少
なさにほっとした記憶がある
「キッチン南海」や「三福林」が残っていたことがホントにうれしかった


《陸這記》で仲俣さんが
下北沢再開発;空がなくなる
というエントリをされていました
(よみもらしてた _| ̄|○)

|

« (遺)灰とダイヤモンド | Main | Google Maps と Google Earth »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14968/4813115

Listed below are links to weblogs that reference シモキタが変わってしまう?:

» シモキタ再開発問題を考える 【シリーズ・景観法④】 [明日を拓く]
お待たせしました。きょうは知っていた人も知らなかった人も改めて「下北沢の死活問題」について考えていただけたらと思う。 先日の筑紫哲也ニュース23でも取り上げられていたが、今、下北沢の街が大きく変わろうとしている。 まずはじめに、きょうはこれまでのシモキタ再開発について、一連の流れをまとめて紹介したい。 まず、下北沢という街はそもそもどのようにして今のような「ロックな街」になったのか。 それは、1980年代の小劇場建設が契機となっている。本多劇場や、スズナリなど、入ったことがなくても... [Read More]

Tracked on 2005.07.26 at 12:17 AM

« (遺)灰とダイヤモンド | Main | Google Maps と Google Earth »