« January 2005 | Main | March 2005 »

ルービックキューブの攻略法

ルービックキューブ攻略法

昔、やったな~

当然ながら攻略法の記されたプリントを手に入れるまでは6面とも
揃えることはできなかった

不思議なもので攻略法を知る前の方が楽しんでやっていたような気が
する

いまどきのは最初から『6面完成攻略書』なるものが添付されてる
みたい

| | Comments (25) | TrackBack (0)

もし自分が @nifty のソーシャルシステム部長○○さんだったら

悪徳不動産屋の独り言さんより niftyとのメールやり取りを公開
いうエントリをTBいただきました


他人宛に届いたメールをこの場であれこれ批評するというのは、些か
仁義に反するような気もするのですが、niftyとのメールやり取りを
公開
へのコメントのつもりで記述いたしますので poohpapa さんには
お許しいただきたいと思います


第三者的な目でみますと「コンテスト主催者側の配慮の欠如の
追認」
「連絡遅延のお詫び」の部分についてはプラス1ボイント評価
を上方修正してもいいかな
という感じです
(少なくとも古河建純社長の公開謝罪(?)の 200倍くらいマシ
ではないですか(笑


自分が一番興味深かったのは

>コンテスト審査過程での審査員のコメントは、三者三様の口調で
>書かれている事から、まとめる意味で口調を揃える編集をしまし
>た。送付いたしました内容に、作文と言われるような修正はない
>ものの、コメントはあくまで審査過程の一部情報である事と、個々
>の審査員が全容公開を目的に記されたものではありませんので、
>個々の詳細内容に関する公表はできません。改めてご理解をお
>願いいたします

という部分です

何故「審査員が全容公開を目的に記されたもの」ではないものを選外
ノミネート者に対して個別に公開したのか?(個人への送付は公開
じゃないんですかね? @nifty の認識としては)
受賞者への「審査員のコメント」は文字通り公開しちゃってますし

なのに「個々の詳細内容に関する公表はできません」って(笑


恥ずかしながら自分も自らのミスで顧客を激怒させた経験は多々あり
ます
その度にリカバリーに奔走したわけですが、一応問題解決し顧客の
怒りがある程度解ける兆しがみえるまでは

>今後、(中略)さらに一層注意をいたしてまいりますので何卒ご
>容赦の程重ねてお願い申し上げます(意訳「もう許してよ」?)

みたいなことは口にできませんでした

ノンキだな~ > @nifty
相手を軽く見ていないと言えないセリフですね

正直、自分はメールのやりとりでこれ以上の進展は難しいという気が
します

敢えて @nifty の担当者になったつもりで「次の対策」を考えてみる
と、自分ならば poohpapa さんにアポを取ってお会いして対面で謝罪
できるよう努力すると思います

今までの経過をみても「何とかトラブルを解決したい。齟齬を修正し
たい」という熱意が @nifty 側に全く見られませんよね
まずこれを改める

この段階で対応をまかされたソーシャルシステム部長○○さんの
「次の一手」の選択肢としては当然取り得るべき手段だと思います
(poohpapa さんに門前払いをされても最低7回はトライ)

もし面会の承諾が得られればその後はサイトでの非公開を条件に
ありのままの経緯をぶっちゃけ説明し
(回答の代替)どのような
再講評ならば納得していただけるか聞き出します

最終的にはお知らせココログ正式な謝罪文を載せ、ココログ
ブックスニュース
経緯説明と再講評を掲示することで妥協を図り
たいですね(けっこう時間がかかりそうだな~)


poohpapa さん、自分の対応案は及第点いただけますか?

| | Comments (6) | TrackBack (0)

@nifty の新型ブログ

最近、自分の個人的な評価がどんどん下降して行っている @nifty

小鳥さんがニフティ、新型ブログの提供を開始という記事をエントリ
されていたので「ムムッ」と思い覗いてみたのだけど…

ネタの元は日刊工業新聞の記事みたい
@nifty が誇大広告を打ってるのか、記者が勘違いしてるのか判断が
つかないけれど思わず失笑してしまった

| | Comments (2) | TrackBack (0)

エクソンモービル有限会社

FDクラススタッフ控室(地下2階)さんの
中国でホンモノの「クレヨンしんちゃん」、ニセモノに訴えられ撤去
される
という記事を紹介しようと思い,もう一度参照しようとサイトを訪
れたところ、もっと興味をひかれる記事を見つけてしまった
日本一大きな有限会社は?
である
( CYRO さんの着眼点の素晴らしさにはいつも感心させられる)

フジテレビと livedoor のバトルを見ていると親会社が完全支配を
目論む場合、確かに子会社は有限会社であった方が、よけいな
心配をしなくてすみそうだもんな~

| | Comments (4) | TrackBack (0)

NEW BMW 3 Series のエクステリアデザイン

NEW BMW 3 Series はやはり万人ウケするスタイリングで来た

写真で見る限りは E36 から E46 に変わったときに感じた違和感
はない

ま、実車を見てみないと何とも言えないけれど写真で判断するに
自分好み


Chris Bangle もさすがに 3 Series はオーソドックスにまとめた
のかと思いきやエクステリアデザインは永島譲二さんが手がけて
いるようである

さもありなん…


ヨーロッパ自動車人生活
永島 譲二
二玄社 (2002/03)
売り上げランキング: 285,891
通常2~3日以内に発送

| | Comments (1) | TrackBack (0)

国境

『国境』黒川博行 (著)を読了

自分は著者の大ファンで、シリーズ前作『疫病神』も面白くよんで
おり、この著書自体かなり好評を得ているにもかかわらず、なんと
なくよむのを後回しにしてきた

おそらくは「北朝鮮」という物語の舞台が、北陸人には敬遠したく
なる(というかイヤな感じを想起させる)キーワードであること
在所には息子さんが拉致された疑いのあるお婆ちゃんが住んで
いたりして自分自身の「北朝鮮」に対するイメージも全くもって良くは
ない
それゆえ潜在的意識がこの本を手にするのをためらわせたのだと思う


しかしながらよみ始めるとこれが面白い!
先週土曜日、奥飛騨の平湯温泉に日帰り入浴に出かけたのだが休憩
の合間に2割くらいよみ進め、翌日には完読(準イッキよみ?)


黒川作品の中では『大博打』が最も好きなのだけれど、面白さだけ
ならそれに次ぐと思う

北朝鮮の異質さがよくわかる本としてもお薦めかな?

国境
国境
posted with amazlet at 05.02.22
黒川 博行
講談社 (2003/10)
売り上げランキング: 9,293
通常3日間以内に発送

| | Comments (5) | TrackBack (2)

Mondeo ST220

Ford Mondeo ST220 とうとう日本で販売するらしい
価格は 4,305,000円 _| ̄|○

しかも 20台限定(即完売?) _| ̄|○

欲しいな~(買えないけど…)

PRESS RELEASE
FORD ST

| | Comments (6) | TrackBack (0)

古河建純 様 (ネコバス通信より)

今回は語調を変えてエントリいたします

自分は従来より個人的なお知らせ等を UP する際にはですます調にて
記述するようにしていました
このエントリも古河社長(及びココログスタッフ)への私信のつもりで
書かせていただくことにします


ついに「悪徳不動産屋の独り言」さんが終了報告をエントリされました
「悪徳」最後のコラムの予告です
ココログブックスコンテスト主催者側の対応からすれば当然の結果
なのかなと自分も思います

それに関連して同じくココログブックスコンテストにノミネートされた
ほったいもいじるなさんが鳴かぬ蛍が身を焦がすというエントリを
古河建純インターネットBlog にTBされています

拍手モノでした

なまけセラピーさんのそれからというエントリ、桜姫のつれづれさん
言わせていただきます!!及びこにのつぶやきさんの「悪徳
不動産屋の独り言」が閉鎖
というエントリも拝見しました

こういう投げかけをよんで古河社長は何も感じないのでしょうか?
(後者2つはまだおよみになっていないかも)
危機感を抱かないのでしょうか?


実際のところコンテストをめぐるゴタゴタはココログユーザー全体
にとって直接的にマイナスになる事柄に端を発しているわけではない
のでココログ以外のブログコンテンツサービスのように大騒動には
なっていないように思います

しかし鈍感なユーザーばかりではありません
激怒させた相手に対して「こちらに非はないけれど、気分を悪くさ
れたのなら(形だけでも)謝っておきます」
的なコメントで幕引き
にしようとする経営者及びミスショットのリカバリーを全くしない
コンテスト主催スタッフの姿を目にして「いつ自分にも同様の災難
が降りかかってくるかわからない。そのとき自分もこんな対応しか
受けられない」と警戒心や不信感を抱いた方は少なくないでしょう


ココログにてサイトを開設しているヒトは会員・非会員を問わず
無料をうたうベーシックであれ少なくとも月額250円(税込263円)
を @nifty に支払っているはずです(コンテンツとしての有名人
blog は除く)

無料でディスク容量も大きくカスタマイズ性も高いサービスが後発
で次々とでてくるのにもかかわらず敢えて対価を支払ってココログ
を利用し続けるヒトがいるのは何故なのでしょう?

現在ココログユーザーのみが利用できるコンテンツサービスはどれ
くらいありますか?
そのサービスを受けたくて新規で登録申し込みする方どの程度いると
思いますか?

既存ユーザー(カスタマー)は新しい機能の追加や新しい企画等ばかり
を望んでいるわけではないのです

自分の場合は
TypePad よりも格安でディスク容量以外はほぼ同程度の機能を利用
できること(元々 @nifty カスタマーだったからですが)
他の無料ブログコンテンツサービスよりもクレーム対応が期待でき
こと
のみを理由にココログを利用しています(いました?)
(残念ながら「クレーム対応うんぬん」については幻想だったよう
です。そう判断せざるを得ません)


「全ての顧客を等しく満足させるなど不可能だよ」と言われれば
そのとおりなのかもしれません

それは分かっていても「多くの閲覧者にココログのバナー見せつけ
ココログユーザーの質の高さをアピールして下さった功労者」
とも
いうべき方々を侮辱し落胆させたうえ、己の非を認めず切り捨てる
ような仕打ちをするなど(少なくとも自分には)理解不能です

「鳴かぬ蛍」がどんなに心の中では激しい思いを抱いていようと
ネットの先にいる他人には伝わらない

思いを伝えたければ(ユーザーには)「鳴く蝉」になるという選択肢
しかないのです

蝉の声に耳をかたむけて下さい
願わくば蛍の心中をも察することのできる @nifty になって下さい

そしてまずはこのココログブックスコンテストに関するゴタゴタへの対処
として「次の一手」を見せ我々を安心させて下さいませ!

                        

                     ネコバス通信

                            いつほ 拝

| | Comments (7) | TrackBack (5)

OPTRA WAGON

OPTRA WAGON ガンガン CM 流れている
やはり売りたいのは WAGON のほうですか…

だって表記が CHEVROLET OPTRA WAGON / SEDAN だもの

| | Comments (1) | TrackBack (0)

保湿成分入りティッシュ

Excite Bit コネタさんより
花粉症対策に役立ちそうな「鼻セレブ」って何?

自分も花粉症なので時々使用している>「鼻セレブ」

他にはスコッティのカシミアとかエリエールのローションティシュー
とかネピアモイスチャーなど
全てに共通するのは保湿成分入りだということ
一度使うと保湿成分の入っていないものには戻れなくなる
(とはいえそういうのもフツーに使っているけど)

コスト的にはかなり高めかな~
特に持ち歩きに便利なポケットタイプを購入することが多いので
街頭配布の広告入りティッシュ愛用者からは「ムダづかい」呼ばわり
されることも屡々

これのありがたみはアレルギー症状のあるヒトにしかわからないと
いうことなのだろう

ただ「鼻セレブ」というネーミングセンスは自分の好みではないです
(パッケージはけっこう好き)

| | Comments (2) | TrackBack (2)

CHEVROLET OPTRA

あまり話題にもなっておらず広告すら見かけないのだが CHEVROLET
が OPTRA SEDAN という車種を輸入販売している
(そして本日より WAGON も販売開始となる)

OPTRA とは何者か?というと韓国の GMDAT(GM大宇自動車、GM
DAEWOO )の世界戦略車のようだ

ベトナムではタクシーとして最もよく見かける DAEWOO
日本に輸入されていたのは今までマティスのみ

エンジンがホールデン社製というのもカルトカー好きにはたまらな

果たして何台売れるんだろう?


CHEVROLET OPTRA WAGON / SEDAN
スズキ、「シボレー オプトラ」の販売を開始
Daewoo
Holden Australia

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ココログ新年会の当日

ココログブックスコンテストのドタバタは未だ収束に向かっていない
古河建純 インターネットBlog は8日から更新されておらず(元来
そんなに頻繁に更新されている blog ではないのだけれど)ココログ
スタッフルーム
は完全黙殺
「反応してくれよ~」という感じである


さてブックスコンテストのあったココログ新年会の日、自分は何と
当初その新年会に参加しようとしていたのである

ココログ新年会の参加募集が告知された時期、ココログへの盲目的
恋情時代(あくまで個人的な)はすでに終わっており、なんとなく
スッキリしない気持ちのまま「ネコバス通信」を更新していた
なんとかそういうモヤモヤを吹き飛ばしたかったっていうか…
もしかしたら再びココログに惚れなおすキッカケになってくれるの
ではないかと思い、参加申し込みをしてみた

新年会の前日、仕事を終え夜も更けてから自分と嫁はクルマで東京
に向け富山の自宅を出発した
天候は雪(一部、吹雪)
ちなみにその日の富山発の羽田行き最終航空便は欠航になっていた
行程のほとんどは高速道路を使用したが、一般道を走行しているとき
はもう大変(前が見えない、路面は凍結)
途中仮眠を取りつつ、静岡の富士川SAまでようやく辿り着いたのが
新年会当日の朝8時(予定よりも4時間ばかりロス)

※ この段階で新年会参加はあきらめました

環八も思いのほか渋滞しており、嫁の実家に午前11時30分頃到着

後はもう爆睡やね


もし新年会に参加していたらどうだったんだろ
ココログへの恋は再燃したのだろか?
スゴク楽しまれた一般参加者もいらっしゃるわけでその可能性は
ないとはいえない
しかし普通に考えれば他の blogger と取り立てて熱心に交流をつづ
けてきたわけでもない自分が、あの場に行ったとしても寂しく会場
をうろつくのが関の山
選外ノミネート者や他の参加者の報告記事をよませていただいては
「行かなくて正解だったのかな」
とホッとしたりして(スイマセン)


とりあえずその日は義父母、義妹夫婦と楽しく鍋をつつくことが
できた上、姪の成長ぶりに目を細めることもできたので上京して
よかったなとは思ってる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金鯱を磨く

@nifty デイリーポータル Z さん経由
金シャチ降ろしの日程及び「市民金シャチみがき隊」の募集

う~む、残念ながら自分は応募資格を充たしてないので参加できない

応募方法はハガキのみ
2月20日(日)必着だとのこと

名古屋市内在住、在勤、在学の方で新世紀・名古屋城博前売券購入
者は参加して blog のネタにしてください

| | Comments (0) | TrackBack (0)

このままではココログがキライになってしまう

先頃、賞の発表がなされたココログブックスコンテストに対して少なか
らず批判の声が上がっている

ココログブックスコンテストの概要についてはこちら

column@管理人室さんの
ココログブックスへの苦言及びココログブックスの波紋

専業主婦の逆襲さんの
ココログ新年会のウラ話及びココログ新年会のウラ話+プラス

悪徳不動産屋の独り言さんの
niftyへの公開質問状及び念押し、しときましょうかね

をよめば大体の状況がわかると思う


自分も昨年末までココログファンであり、ありがと。BLOG には自称
常連として可能な限り投稿をしてきた(つもりなんだけど)
しかし最近のココログについてはネガティブなイメージを持ってしか
接することができない

個人的にもありがと。BLOG の休止になる経緯に「いかががなもの
か?」と感じている点があってそれがネガを増幅させてしまうのだ
ろう

「休止」自体は仕方がない

コメントもTBもあまりつかない企画を打ち切るのはスタッフさんの
裁量で自由にやってかまわないとは思う
ただせめて BLOG 上で休止の案内くらいして欲しい
別の常連さんの付けたコメントで状況を知る(少なくともその方には
連絡が行っていたわけじゃないですか?)というのは(カテゴリーに
ありがと。BLOG をわざわざ追加している自分には)悲しすぎる
自分って(連絡すらもらえない)どうでもいい存在だったんだな~って
ようやく気づかされました(笑

それと「プレゼント送付の為、必要な情報を記入のメールアドレスに」
というコメントの内容に従おうとしたところ「記入のメールアドレス」
なるものが見あたらずその旨をコメントで問い合わせたのに2週間
以上も返信がない(もうサイトをチェックしてないということなのだろう)
これも非常に悲しい


こんな思いを自分でもしているので様々な異論(というか陰口)も目に
するけれど悪徳不動産屋の独り言さんの poohpapa さんの気持ちが
理解できるというか…

自分が取り組んできたことが評価されなかったくやしさ
「この部分の努力が足りない」→やっとるちゅーねん的怒り

たとえば自分も第三者から「ありがと。BLOG の常連面したかったら
もっと投稿しろ」なんてアドバイス受けたらキレますよ(笑


古河さんの反応がココログブックスコンテストの件で終わってしまった
ら本当にココログのことキライになってしまうかもな~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

墓石の伝説

『墓石の伝説』逢坂 剛 (著) 読了

面白かった~
逢坂作品では『カディスの赤い星』『燃える地の果てに』がベスト
だと思っているがそれに次ぐくらい

内容としては「岡坂神策シリーズ」の最新作
いわゆる「OK牧場の決闘」をモチーフにしていて西部劇に全く興味
のない自分が楽しめるくらいだから西部劇ファンにはたまらないはず

久しぶりの一気よみ
文句なしで☆☆☆☆☆


墓石の伝説
墓石の伝説
posted with amazlet at 05.02.09
逢坂 剛
毎日新聞社 (2004/12)
売り上げランキング: 26,262
通常24時間以内に発送

| | Comments (50) | TrackBack (0)

「恋路」駅がなくなる!?

Excite Bit コネタさんにまたまた準地元ネタ
今度は「恋路」駅が消えてしまう

のと鉄道なくなっちゃうのか…
そういえば乗ったことないし、自分
そもそも「恋路」駅の存在自体知らなかった

能登は大好きでよくいくけれど恋路海岸は結婚後に1回行ったくらい
そのときは「恋人たち」と思しき人たちをほとんど見かけなかったよう
な気がする


それはそうと谷和原さんは北陸在住の方ですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

THE TOUR OF MISIA 2005 THE SINGER SHOW

THE TOUR OF MISIA 2005 THE SINGER SHOW 横浜アリーナ
公演初日に行ってきた

LIVE は久方ぶり(MISIA の LIVE は初めて)
堪能させていただいた

思ったよりも大がかりなステージで客層が幅広い
プレミアムシートの最後列にかなり年配のシャツ・ネクタイおじさ
んがいてノリノリだったのが印象的だった

そして MISIA の深々としたおじぎ
(90°よりさらに深く120°はありそう)
すごく好感がもてた


MISIA Official TOUR BLOG
スポンサーの OCN にある TOUR の公式ブログ
LIVE の具体的な内容については、コメント、トラックバックしては
いけないとのこと

| | Comments (1) | TrackBack (1)

浦沢直樹インタービュー

しりまんさんの
[TV]孝太郎ラボ
というエントリに浦沢直樹さんのインタービューの文字起こしが
載っていた

現在まさに自分は PLUTO の次の展開をワクワク感をもって待って
いるわけで見事彼の術中にハマっているぞと


この番組見ていないのだけど起こしたのもをよむと孝太郎クンの
リードしたい方向とは逆のほう逆のほうにいってるみたい
あしらわれているのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

走る広告塔

@nifty デイリーポータル Z さん経由
走る広告塔

確かにインパクトある

気になるのはかかる費用ほど効果が得られるかどうか?
料金表にのっている車両のレンタル費用以外にも別途で諸々かかる
し、媒体としては目にしてもらえる人数は少ないように思う

実際、こんな車両見た方います?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »