« @nifty の新型ブログ | Main | ルービックキューブの攻略法 »

もし自分が @nifty のソーシャルシステム部長○○さんだったら

悪徳不動産屋の独り言さんより niftyとのメールやり取りを公開
いうエントリをTBいただきました


他人宛に届いたメールをこの場であれこれ批評するというのは、些か
仁義に反するような気もするのですが、niftyとのメールやり取りを
公開
へのコメントのつもりで記述いたしますので poohpapa さんには
お許しいただきたいと思います


第三者的な目でみますと「コンテスト主催者側の配慮の欠如の
追認」
「連絡遅延のお詫び」の部分についてはプラス1ボイント評価
を上方修正してもいいかな
という感じです
(少なくとも古河建純社長の公開謝罪(?)の 200倍くらいマシ
ではないですか(笑


自分が一番興味深かったのは

>コンテスト審査過程での審査員のコメントは、三者三様の口調で
>書かれている事から、まとめる意味で口調を揃える編集をしまし
>た。送付いたしました内容に、作文と言われるような修正はない
>ものの、コメントはあくまで審査過程の一部情報である事と、個々
>の審査員が全容公開を目的に記されたものではありませんので、
>個々の詳細内容に関する公表はできません。改めてご理解をお
>願いいたします

という部分です

何故「審査員が全容公開を目的に記されたもの」ではないものを選外
ノミネート者に対して個別に公開したのか?(個人への送付は公開
じゃないんですかね? @nifty の認識としては)
受賞者への「審査員のコメント」は文字通り公開しちゃってますし

なのに「個々の詳細内容に関する公表はできません」って(笑


恥ずかしながら自分も自らのミスで顧客を激怒させた経験は多々あり
ます
その度にリカバリーに奔走したわけですが、一応問題解決し顧客の
怒りがある程度解ける兆しがみえるまでは

>今後、(中略)さらに一層注意をいたしてまいりますので何卒ご
>容赦の程重ねてお願い申し上げます(意訳「もう許してよ」?)

みたいなことは口にできませんでした

ノンキだな~ > @nifty
相手を軽く見ていないと言えないセリフですね

正直、自分はメールのやりとりでこれ以上の進展は難しいという気が
します

敢えて @nifty の担当者になったつもりで「次の対策」を考えてみる
と、自分ならば poohpapa さんにアポを取ってお会いして対面で謝罪
できるよう努力すると思います

今までの経過をみても「何とかトラブルを解決したい。齟齬を修正し
たい」という熱意が @nifty 側に全く見られませんよね
まずこれを改める

この段階で対応をまかされたソーシャルシステム部長○○さんの
「次の一手」の選択肢としては当然取り得るべき手段だと思います
(poohpapa さんに門前払いをされても最低7回はトライ)

もし面会の承諾が得られればその後はサイトでの非公開を条件に
ありのままの経緯をぶっちゃけ説明し
(回答の代替)どのような
再講評ならば納得していただけるか聞き出します

最終的にはお知らせココログ正式な謝罪文を載せ、ココログ
ブックスニュース
経緯説明と再講評を掲示することで妥協を図り
たいですね(けっこう時間がかかりそうだな~)


poohpapa さん、自分の対応案は及第点いただけますか?

|

« @nifty の新型ブログ | Main | ルービックキューブの攻略法 »

Comments

おはようございます

満点以上ですよ(爆)
niftyがノミネート者にしたことを考えれば、メールだけで「許せよ」はないものですが、私は本当にそこまでは求めていないのです。いつほさんのご意見の通りにして頂けるなら大満足ですし、本来はそうすべきなんでしょうけど。

人の痛みが分かってもいないし、謝罪になってもいないから怒っているのです。最総括で、niftyが(初期の段階で)どうすべきだったと私が考えていたかを書くつもりでいます。

軽く見られる、と言えば、「私も読者です」などと言ってくる神経も、人をナメてるな、と思いますね。

模範解答、有り難うございました(笑)

Posted by: poohpapa | 2005.02.27 at 11:40 AM

すみません、「再総括」でした(恥)

Posted by: poohpapa | 2005.02.27 at 11:52 AM

poohpapa さん、こんにちは

>軽く見られる、と言えば、「私も読者です」などと言ってくる
 神経も、人をナメてるな、と思いますね

そのとおりですね

ていうかソーシャルシステム部長が「新しくエントリが加わる
のを楽しみにしている一読者」ならばエントリの雰囲気や流れ
をよんで危機管理的行動を即座に起こせばよかったのに(笑)

それはさておき「再総括」がエントリされましたら、是非また
よませていただきます

早速のコメントをありがとうございました!


Posted by: いつほ(ネコバス通信) | 2005.02.27 at 05:18 PM

度々すみません^_^;

いつほさんの記事は私の総括記事より遥かに的確な内容なので、再総括の中で引用させて頂けたら、と存じます。もし、不都合がありましたら仰ってください。宜しくお願いします。

Posted by: poohpapa | 2005.02.27 at 07:48 PM

poohpapa さん、こんばんは!

引用の件につきましては、ご随意にどうぞ

エントリ楽しみにしております
(エントリされる前に@nifty サイドから poohpapa さんの意
に沿うようなリアクションがあればもっといいですね。あまり
期待はできませんが…)


Posted by: いつほ(ネコバス通信) | 2005.02.27 at 08:22 PM

This is actually the the majority of broadly used structure for that marketers due to the open up supply, open up permit character as well as functions it consists of within supplying high quality in most media encodings. Web may be the greatest discussion board to talk about this kind of documents. It's effective at development hd movies as well as sound material along with castle season 3 dvd showcased exceptional programs.


--------------------------------
http://www.audvdsbuy.com

Posted by: buy dvds online australia | 2012.05.15 at 06:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14968/3094071

Listed below are links to weblogs that reference もし自分が @nifty のソーシャルシステム部長○○さんだったら:

« @nifty の新型ブログ | Main | ルービックキューブの攻略法 »