« December 2004 | Main | February 2005 »

アキハバラ@DEEP

アキハバラ@DEEP ようやく読了

Amazon のカスタマーレビューをよんでも☆5つ付けているヒトが
何人もいて評価が高い一冊
自分もラスト20頁くらいまではスルスルよめ、一気よみ寸前まで
いった
ただエンディングが近づくにつれ違和感が沸き上がってきて最終的
には「そういうオチか」といささか気が抜けた
敵役の本城に乗り込んでミッションを遂行する直前までは石田衣良
の最高傑作かもと思わせる出来なので、それでも2000円近く払う
価値はあると思う


アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
posted with amazlet at 05.01.31
石田 衣良
文藝春秋 (2004/11/25)
売り上げランキング: 2,411
通常24時間以内に発送

| | Comments (91) | TrackBack (0)

白峰村の雪だるま祭り

最近お世話になりっぱなしの Excite Bit コネタさんの記事
人口より多い雪だるま
(また準地元ネタだし)

白峰村は経由したことはあるけれど訪れたことはない
でも尾口の Mint Reino は気に入ってリピーターになっているし
吉野谷の集落の雰囲気も好みで最近「石川郡、けっこういいな~」
と思っていた

「雪だるま祭り」行ってみたい
ただ平日っていうのがキツイかな
(なんだかんだで辿り着くのに片道3時間くらいかかるからね)

| | Comments (43) | TrackBack (0)

ネコバスのメモ閉鎖のお知らせ

本日をもって別館ネコバスのメモを閉鎖することにした

自分としてはココよりも幅広くいろいろなことを記事にしたいと思
いサイトを立ち上げたのだが複数サイトの運営は能力的に無理
だったようで…
(ほとんどネコバス通信と記事がカブってたし)
中途半端に納得のいかないものをつづけるよりは閉鎖しようと


なブログのSEO対策効果については期待以上のものがあったよ
うに思う
ほぼ全ての訪問者が検索エンジン経由でありながらネコバス通
ほぼ対等なアクセスがつくということは条件のハンデ考えると
凄いです

なブログサーバーまだ容量あるみたいなので興味のあるかたはど
うぞ!

| | Comments (10) | TrackBack (0)

花粉飛散状況配信サービス

先日上京した際、義母が今年は早くも花粉症の如き症状が出ていると
言っていた
ホントかどうかわからないけれど予報では過去最大の飛散量とのこと
(花粉症キャリアには「最悪の悲惨」量である)

わたくし犬でございますさんの
花粉症ユーザーが観測した花粉飛散状況配信サービス
という記事をよませていただいた

花粉症キャリアをセンサー替わりに情報を配信するサービスというの
は「コロンブスの卵」的アイディアで面白いとは思う
ただ飛散量予報などと違って分かるのは「現状」であってキャリアなら
サービスを利用せずとも身をもって状況を知ることができるので、例え
ばこれから出向く地域の状況がどうであるかを調べたいとき以外はあ
まり利用価値がないようにも思う

サービス開始は2月上旬からとのこと

| | Comments (18) | TrackBack (0)

Commuter Cars

土、日に車で東京に行ってきたのだが、疲労からかずっと体調がす
ぐれない
そんなわけで少し更新ができなかった次第である


エルエルさん経由
Commuter Cars
写真の縮尺が間違っているのではなくてホントに薄い(というか幅
の狭い)クルマ
Tango は電気自動車だとのこと

地元にはタケオカ自動車工芸という会社があって同様のコンセプト
のクルマを造っている
(が Tango と比するとチャチな感じがしてしまうな~)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アシアナ機内にて

Hochiminh へアシアナで向かう際、当然ながら乗客は韓国の方が
多かったのだが不思議に思ったことがひとつ

それはヘッドセットの装着の仕方

普通はLRと表示されていればLを左耳にRを右耳に当てるじゃない
ですか?
でも自分が乗った機のお客さんで韓国の方(と思しき方?)の何人
か(といっても10人くらいは確認できている)はLを右耳にRを左耳
に当てていた

何か理由があるんですかね?
てゆうか「L=右耳、R=左耳」がアシアナでは正解?
それとも単に無頓着なのか…


あと機内から出るとき大半の座席の下にゴミを捨ててあって「これ
普通の事なのかな?」と思った(あまり気持ちのいいものではない
です)

| | Comments (66) | TrackBack (0)

「県」「府」より大きな「市」

Excite Bit コネタさんより(またかよ!)
「県」より大きな「市」が誕生する

高山市が合併拡大するということは知っていたけど、こんなにも
広大な面積を持つ「市」になるとは驚きだった

高山市、上宝村、清見村、荘川村あたりはよく行くエリアなので
この記事も自分のツボにハマッた

大きさもさることながら富山、長野、福井の3県と県境を接する市
になるわけで、これって他に例があるのかな?
(「日本地図パッと見」ではなさそうな気もするけど…)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

県境入り組み区間

Excite Bit コネタさんより
橋を渡るたびに県境を越える場所

地元なのでこれは身をもって体験している
愛車のナビはトヨタ純正なのだが、これが県境越えをすると律儀に
アナウンスしてくれて(谷和原さんのナビもトヨタ純正?)富山と岐阜
を行ったり来たりしているのがよくわかる
(国道156号線とほぼ平行して東海北陸自動車道が走っているけれ
どこちらではそのような現象が起きない。地図を見ると一目瞭然)

「ここまで県境入り組み区間」標識には全く気が付かなかった
(もう何度も通っているのに _| ̄|○)
今度探してみようかな

| | Comments (36) | TrackBack (1)

ピーナッツのカロリーの謎

@nifty デイリーポータルZ さんより
ピーナッツのカロリーの謎を追う

盲点突かれたという感じ

「ピーナッツを割ったとき片方についてくるポッチをとると、大幅
にカロリーカットできるという噂」って初めて聞いた

ポッチとは「幼芽・幼根」のことらしい
栄養価は高そうですね

| | Comments (3) | TrackBack (0)

肉まん比較

@nifty デイリーポータルZ さんより
特製肉まんはほんとうに特製か?

自分は肉まん(豚まん)は、ほとんど食べない
横浜中華街へ行ったときくらい?

こういうのを参考に食べ比べしてみるのもいいかも

| | Comments (421) | TrackBack (0)

数の単位

Sukima Windows - SukimaWindows 5th さん経由
無量大数の彼方へ

雑学としてどうぞ

恒河沙(ごうがしゃ)、那由他(なゆた)は聞いたことあった
現実には京(けい)という単位ですら目にすることはないのに…

中国って凄いな(あらためて)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヨン様除籍の件

わたくし犬でございますさんの記事
「ヨン様除籍を阻止せよ」 成均館大学はヨン様特例も検討
が、なかなか興味深い内容だったので紹介したいと思う

はなこさんもご存じなかったということだけれど我家でも5人中4人
ペ勇俊が大学生であることを知らなかった
「へぇ~」ボタン連打である

そしてちまさんのコメントをよませていただいてさらに「へぇ~」
ボタン連打

仁川の空港でも日本人客向けのサービスと思しきペ勇俊の肖像を
数多く目にした
だいたい「勇様」などとタレントを様付けの愛称で呼ぶなど杉良太郎
さん以来ではないだろうか?

ただペ勇俊(及び「冬ソナ」)は韓流の入り口に導いてはくれたけれ
どもそうして韓国スターに興味を持った人々がみな奥の方へ進み
自分だけの「~様」を見つけてしまうようになると彼の人気はゆるや
かに(あるいは急激に)下降していくのはいたしかたないような気が
する(最近の韓国スター関連の出版物の多さ、尋常ではない)
韓国内でも批判があるのなら大学側は特例措置など取らない方が
吉であると自分も思う

残留か?除籍になるのか?は、彼自身が決めなければ

| | Comments (1) | TrackBack (1)

HUMMER の香水

毎度の Excite Bit コネタさんより
究極の四駆「ハマー」が香水になった

嫁さんが香水をそこそこ集めていて、その影響で
Clinique Happy for Men とか Bulgari Pour Homme
は持っているのだけど…

H2 になって HUMMER のブランドイメージもくだけてきた(H1 に香水は
かなりミスマッチ)

HUMMER H2 というと木村拓哉くんが愛車にしているとか、そんな話
はかりですね、最近
どんどん HUMMER がカジュアル化していくみたいで「それっていいこ
となんだろうか?」と疑問に思う次第である

| | Comments (0) | TrackBack (0)

終戦のローレライ

『終戦のローレライ』ようやく読了

一気読みに何度も失敗しており連休を利用してなんとか…
福井晴敏の著書としては『亡国のイージス』より楽しめた
しかしながらグイグイ引き込まれて知らず知らずにエンディング
まできてしまった
という作品ではない
(この著者の作風を好む層ってやはりガ○ヲ○系なんですかね?)

終戦のローレライ 上
終戦のローレライ 上
posted with amazlet at 05.01.11
福井 晴敏
講談社 (2002/12/10)
売り上げランキング: 3,835
通常2~3日以内に発送
終戦のローレライ 下
終戦のローレライ 下
posted with amazlet at 05.01.11
福井 晴敏
講談社 (2002/12/10)
売り上げランキング: 2,222
通常2~3日以内に発送

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国語名

少し前の記事だけれど The Minstrel's Garden さんの
日本のアーティストの中国語名
が面白かったので紹介しておく

うーむ
ケツメイシはもともと決明子から取ったじゃなかったかな(違う?)
Love Psychedelico が「愛的魔幻」ですか…
EVERY LITTLE THING が小事樂團」 _| ̄|○
CHEMISTRY は「化學超男子なのに TOKIO は「東京小子」(?)

誰が決めているんだろ?アーティストの中国名

| | Comments (0) | TrackBack (1)

旅のお供

今回の旅行はガイドブックを2種類持って行った

ホーチミン アンコールワット トラベルストーリー(昭文社刊)
ハッピーベトナム(双葉社刊)

この組み合わせは正解(大正解?)だったかなと思う
初めて Hochiminh を訪れるヒトに限りお薦めである

昭文社のトラベルストーリーは現地でも携帯している日本人旅行者
多く見かけた
それだけに掲載されているお店には日本人がいっぱい…
安心感が高く、英語に不安があってもなんとかなる店の掲載率は
高そう
ただし最新版でも情報は古めのようで移転したと思しき店がいくつ
かあった

『ハッピーベトナム』は旅行最終日の朝、初めて斜めよみしたのだ
けど情報がそこそこ正確だと感じた
ただこれ1冊では不足な点も多い
カイドブックというよりよみものとして楽しむ本(かな?)

ホーチミン アンコールワット
昭文社編集部
昭文社 (2004/04)
売り上げランキング: 1,323,425
通常2~3日以内に発送
ハッピーベトナム―ガールズ・トラベラーズ・ファイル
ハッピーベトナム取材班
双葉社 (2002/11)
売り上げランキング: 132,531
通常3~4日以内に発送

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベトナムの香り

Hochiminh へは2004年の12月30日の深夜に到着した

例えば Bali の空港の敷地から抜けたときに漂ってくるスパイスの
香り
の歓迎というものは全くなく、滞在するホテルまでわずか20分
でという移動時間の短さもあり「ベトナムに来たんだ」という実感
はこみあげてこなかった

田口ランディさんの『忘れないよ!ヴェトナム』をよむと Hochiminh
はけっこうボロクソに書かれていて(雨季と乾季の違いはあるけれど)
臭いということだった
自分は全くそんな風には思わなかったけれど…
いい香りもしないけれど悪臭もない
両方のある Bali より何だか物足りない

Hochiminh で唯一印象深かったのは蓮茶の香りのみ
でもこれは日本でも大好きでいつも(香りを)楽しんで飲んでいた
からな~

忘れないよ!ヴェトナム
田口 ランディ
幻冬舎 (2001/04)
売り上げランキング: 87,804
通常2~3日以内に発送

| | Comments (0) | TrackBack (1)

アシアナ航空の印象

富山から仁川、仁川から Hochiminh の往路・復路ともアシアナ航空
を利用した

CA のサービスは別段悪くはなかった(さりとて良くもなかった)
座席は自分が搭乗した4機に関して言えば座り心地がよくなかった
身体の大きなヒト向けではないのかもしれない

機内食についてはコメントを控える

しかしながら離陸時、フライト中、着陸時は4機とも大きな不安を
抱かされることもなく「もしかして機長が皆上手いのか?」と思った

仁川までならアシアナ利用は悪くない

| | Comments (2) | TrackBack (0)

仁川空港にて

Hochiminh へは富山から仁川(韓国)乗り継ぎで行った
30日は成田あたりはめちゃめちゃ混んでいたはずだが仁川はさほど
混雑はしていなかったように思う

ただし7時間も待ち時間があった _| ̄|○

免税店は LOTTE と DFS をメインに覗いたのだがブランド物は日本
よりも値付けが高いような気がした
あと接客がウザイ
頼むからゆっくり品定めさせてくれよ、という感じ
(万引き防止だったのかな?)

飲食店も割高
カルビ定食が 3000YEN 近い
とりあえず価格相応の味を期待するじゃないですか?
実際、1000YEN でもいらない(いいとこ 580YEN)
韓国食と日本食はやめといたほうが無難だと思う

でも空港は掃除がいきどどいていてキレイだった

鼻歌まじりで歩いている CA 日本にはいませんよね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

返品ラッシュ?

Excite Bit コネタさんでみつけた
アメリカの年末は「返品ラッシュ

日本では考えられない慣習だなと思った
返品された物は(中古を新品として)再販するのかな?
(それをお店では買いたくない、自分としては)

とはいえ日本でもいただいたプレゼントを即座に質入れしたりネット
オークションで売ったりするヒト
はいるので USA ばかりを邪眼視す
るのはいけないのかもしれない

| | Comments (1) | TrackBack (0)

BG 、あるいは死せるカイニス

『 BG 、あるいは死せるカイニス』を読了

山口雅也の『生ける屍の死』や西澤保彦の『人格転移の殺人』のよ
うにパラレル・ワールド的設定下で起こる殺人事件を扱った作品

全人類生まれたときは全て女性、のちに一部が男性に転換するとい
う特異な世界を舞台に繰り広げられる奇想の推理

うーむ
ロジックは…

石持浅海の著書は『月の扉』をよんだことがあって思いっきりハズレ
感を受けた記憶があるのだけれど『 BG 、あるいは死せるカイニス』
は、まあまあ楽しめた

結末がちょっと?
謎解きで終わっていればよかったのに

BG、あるいは死せるカイニス
石持 浅海
東京創元社 (2004/11/30)
売り上げランキング: 44,666
通常24時間以内に発送

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あけおめ

あけましておめでとうございます!

なんとか無事 Hochiminh より帰還することができました
些細なトラブルの多い旅行だったように思います
「旅行の思い出」は追々綴って記事としてエントリする予定です

留守中、更新が全くないにもかかわらず、普段とさほど変わらない
アクセス、有り難く思うと同時に若干 _| ̄|○


本年ものんびりマイペースで更新していくつもりでいます
どうぞご贔屓に!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »