« September 2004 | Main | November 2004 »

Chrysler 300C

Chrysler 300C のサイトができている(発表前予告版)
クルマ雑誌でみたときもそう思ったのだが、何故だか「変身忍者 嵐」
を連想してしまうフェイスである

※ 実のところ「変身忍者 嵐」とはまったく似ていません
  どうして自分がそう感じてしまうのか?謎です


印象深いのは NEKO PUBLISHING の雑誌 AUTOCAR JAPAN の編
集長:中尾仁さんが Chrysler 300C をベタぼめしていたこと

まず購入はしないし、買えもしないのだが興味をひかれるクルマで
ある

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チェリオとミリンダ

@nifty:デイリーポータル Z さん経由でみつけた
瓶入り「チェリオ」自販機はいまや日本に3台

チェリオ、田舎ではみかけなかったな~
存在を知ったのは上京後だと思う

「瓶入り」は飲んだことがない

そんなわけでこの情報にノスタルジーをかきたてられることもセンチ
メンタリズムでしんみりすることもないのだけれど、この記事を引用
している blog が予想外に多いことから推察するに

チェリオあなどれない!


自分としてはミリンダの近況の方が気になっているというか…
(子供の頃、ほんとに極たまに飲んだ)
EMIT さんの「ミリンダに会いたい」という記事を検索でみつけた
のだけど非常によくまとめられている

よんでみると「チェリオ」と「ミリンダ」は関係が全くないわけではない
んですね(ペプシコーラ ミリンダ 関連年表を参照)


結論としてはミリンダブランドは消滅してしまっているようである

| | Comments (0) | TrackBack (0)

物資の配送問題(他)

Purple Aquarius さんの物資はあるけど、被災者に配送する人間が
いない問題
という記事をよんだ

当然ながら行政だけでは対応していけないわけだし、ストックヤード
を提供したり人力提供をする企業、団体が現れてもいいのでは?と
考えたりもする

不謹慎にも家から送った寝具類はどうなったんだろ?あれは必要と
されていたのかな?とか心配になったりして…


※ 新潟中越地震関連の情報について Purple Aquarius さん経由で
  かなり入手させていただいてますね(感謝です)
  通常記事に附記する blog Ranking への投票ボタンを外すなど
  細やかな配慮には頭が下がります


自分としては Purple Aquarius さんのようなサイトを紹介すること
くらいしか情報提供することができずそれが歯痒く思う

| | Comments (1) | TrackBack (0)

サンキューほっとするもの

まいどのありがと。ブログ
今回のお題は「サンキューほっとするもの」

すぐに2つ思い浮かんだ


まずは「ハーブティー」
飲み始めたのはやはり嫁さんの影響である
石川県尾口村にある Mint Reino さんで購入したリラックスハーブ
を独自にブレンドして飲んでいる

効きます


もうひとつは「姪の写真」
(この夏ようやく1才になったばかり)
自分たち夫婦は子供が欲しいのになかなか授からないので義妹夫婦
の間に生まれた女の子「まゆたん」(愛称)が可愛くて仕方ない
(最近、会いに行ってないな~)

携帯に入れている画像が仕事のストレスを癒してくれる


今回はこんな感じでしょうか

| | Comments (0) | TrackBack (1)

グッドデザイン大賞

グッドデザイン大賞が決まったようである

ソニエリの Premini がノミネートされているのをみるだけでで何を
基準にデザインの良しし悪しを選んでいるのか疑問に思う

審査委員長曰く
>「デザインが優れているだけでなく、今日のデザインや将来に向け
 ての展望を、広く社会へ向けて語る“シンボル”としての役割をも担
 うもの」
が評価の基準になっているそうだが、何だかチグハグである

しかし大賞が NHK 教育テレビの子ども向け番組に決まったことは
個人的には納得できる

公共放送の番組がGETしたことにはある方面からかなり批判を受け
るとは思うが…

| | Comments (1) | TrackBack (0)

あのコトバにありがと:補足

ありがと。ブログあのコトバにありがと:コトバにならないコトバ
という記事がエントリされた

それをよませていただいた上での「あのコトバにありがと(ネコバス
通信)」
の補足をさせていただく


あの記事の大意は

「何も言わない(何もしない)」という谷川俊太郎さんへの回答
よんで「何も言われなくても感謝されている場合がある」ということ
に気づかされた

それによって「誰も感謝してくれない」といじけていた器の小さい
自分の心の靄(もや)が晴れた

だから「何も言わない(何もしない)」というコトバににありがとう
をいいたい
というものである

自分の文章力がお粗末すぎて誤解をまねいてるのかな~
「感謝してれば何も言わなくていい」ということではけしてない


クリ田さんの

>何も言わない」・・・ううーん、後でわかる、っていう『ごんぎ
 つね』みたいなお話ですが・・・しかし「何も言わなければ伝わ
 らない」ってことがあるので、私は「ありがと」って気持ちはな
 るべくコトバに出して伝えたいと個人的には思います。ごんぎつ
 ねを撃ってしまった兵十のつらい気持ちを考えると、「ごめんな
 さい」や「ありがと」はなるべく素直に相手にわかるように伝え
 ておきたいと思います
 
もちろんそのとおりだと思う
「心をこめてありがとうを言う」>「感謝しながらの無言」
それは自分も同意見だ

ただ、例えば大切な誰かに
「コーヒーを入れてくれてありがとう」を素直に言える人でも
「いつも支えてくれてありがとう」「そばにいてくれてありがとう」
とは照れくさくてなかなか言えないんではないかと思う
これは許してあげてもいいのでは?
(というか許してほしいなと。言えない「ありがとう」はその人が喜
ぶことをしてあげるという行為で代用できますよね?)


※ クリ田さんへの反論ではないですよ(誤解しないでくださいね)


「ありがとう」という言葉自体は人工無脳のこうさぎだって綴れる
わけだけどそれは気持ちを伝えているのとは違う

ときどき人工無脳みたいにおざなりに「あ~、ありがと」なんていう
人がいるけれどそんな「ありがとう」を言われてもあまり嬉しくない
(自分としては)

>おざなりに言う「ありがとう」と心から感謝しながらの「無言」を
 比べたら自分は後者の方が好きかもしれない
 
は、そういう思いがついつい出でしまった一文でして…
よみかえしてみると誤解をまねきやすいですね~

削除しようかな(笑

| | Comments (2) | TrackBack (3)

コメント機能が復旧

@nifty さんのすばやい対応によりコメント機能が正常に戻ったよう
です
とりあえずテストでは上手く受信できました
(タグの > が一個消えただけであのような現象が起きたようです)

@nifty スタッフの皆様、ありがとうございました


                    いつほ(ネコバス通信)拝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

楽天イーグルス

ナイアガラ野球館で大滝詠一さんが「楽天イーグルス」についての
コラム
(?)をエントリされている
意外にも(といっては失礼だが)記事自体が大変面白くよめた
(お好きなんですね、野球が)

大滝さんはモロ楽天派のようである

しがしここまで楽天優勢をみせつけられると逆に堀江クンを応援
したくなってくるから不思議だ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

プロの技って

たまによませていただいてる室井佑月blog
現在のエントリは「だらしない生き方のススメ」だそうで

いきなりメルビンさんを煽ってる
(すぐに転じてアドバイスというかネタを披露してますケド)


ただどうもしっくりこないのが

>(きみは素人、あたしはプロ)
  そうしみじみ思ったのだ。
  どんな物事でもつづけていくことが、いちばん難しいんだよ
  楽しい気分でおなじことをしていくのが。変わりばえしない
  物事から楽しみを発見できる、それがプロの技なのだとあた
  しは思う(記事より引用)
  
という部分である
まあ正論ではあるけれど、それができないのが素人できたら
プロなの?
よみ手をうならせたり、笑わせたり、泣かせたり、そういうこと
は「プロの技」とやらには含まれないんだろうか?

例えば乙武洋匡公式サイトなんかみると
「プロとしての自覚があるのか?(ここまで@nifty にお膳立て
してもらっておきながら)」
と思うのだけど、それに比すればまだ室井さんはプロらしく感
じる

でもエントリをよんでいて共感できたり面白いのは(圧倒的に)
メルビン>室井佑月(敬称略)
である(自分の場合だけど)

※ メルビンさんとこにTBされてたでこぼこさんも同じように
  感じておられる(?)ようです
  
あっしは素人だが。
拍手モノである

| | Comments (0) | TrackBack (2)

お知らせ(コメント送信ができない件)

月夜の爆撃機(pblog改)の prideman さんからご指摘を受けたの
ですが、当サイトにおいて
コメントを送信しようとするとココログルのTOPページに飛ぶ
という不具合(?)が発生しているようです

いろいろ試行してみましたが何しろベーシックでやっておりますの
で独力での復旧は困難と思われる状況です
@nifty さんに問い合わせ及び回復依頼しましたが、いつのこと
になるやら…

というわけで現状ではコメントの投稿は不可です

とりあえずこういう状態であるということは知っていただきたく
「お知らせ」としてエントリいたしました
ご迷惑をお掛けしますがご理解下さい

prideman さん、ご指摘をいただきましてありがとうございました

また以前にコメントを送信しようとして弾かれイヤな思いをされた
、この場を借りてお詫び申し上げます(すみませんでした)


※ トラックバック機能に異常はありません

※ 現状コメントの投稿が不可であるということは「お知らせ」
  いうタイトルで復旧するまでときどきエントリする予定です
  うざったいと思いますがご了承ください
  (読み飛ばしていただいて結構です)

                     
                     いつほ(ネコバス通信)拝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Rocket Ⅲ

一応、自動二輪の免許もっているんだけど…

全くバイクが似合わないらしい_| ̄|○


まあ PRIUS がいる(?)のでバイクはいらないわけです、実際

ただね、Triumph RocketIII. なんて出ちゃうと意味もなくそそられる
というか…

Triumph というと英国懐古趣味の小父さんたちが乗るバイクという
イメージだが RocketIII. は排気量が 2294cc もあるスーパーマシン
しかも3気筒(奇数気筒)

お値段は 2,415,000 円(かつての bimta 並みにインパクトあるな)
GSX1300R隼でさえこの半値以下で買える

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あのコトバにありがと

まいどのありがと。ブログ
今回のお題は「あのコトバにありがと」
このお題には2度目の投稿になる
どちらかというとこちらが「本命」

自分が大学時代「とある倶楽部」に所属していたことは前回のお題
のときに書いた

どういうわけだかその倶楽部で自分は部長という肩書きをいただいて
いた時期がある
当時の部員数は40名くらい
それをまとめようとするにはもの凄いエネルギーが必要である
当時の自分の墓碑銘には「悩んだ もがいた 苛ついた」と記されて
いたに違いない
所詮、器が小さい人間なんで「何で誰からも感謝されないのにこんな
にがんばらなきゃいけないんだろう?」なんて虚しさを感じることもあっ

そんなとき「谷川俊太郎の33の質問」という本に出会う

詩人の谷川俊太郎さんがゲスト(谷川さんの知人=著名人)にタイマン
で自ら設定した33の質問をぶつけていき回答を聞きながら話を展開
するという一種の対談集である

設問のなかに
「心底、相手に感謝してるときどうするか?」
というニュアンスのもの(?)があった(うろ覚えです、スミマセン)

やはり「ありがとうと言う」との答えが多かったのだが、数名の方は
「何も言わない(何もしない)」と答えていた
これはどういうことなのか?

心底感謝する相手は大体家族とか親しい友人であることが多い
身近なヒトにあらためて「ありがとう」と言うのは照れくさいわけで
心の中で感謝するに止めておく、要するにそういうことかなと思った

しかしここでハタと気づく
裏を返せば「何も言われなくても感謝されている場合がある」
いうことではないか!
心の靄((もや)が払われたような気がした


1995年転勤で首都圏を離れ実家のある富山に戻ることになった時
倶楽部の同期の連中が送別会を開いてくれたのだが先輩、後輩も
結構(というかかなり)集まってくれた
嬉しかったけど、正直いうとびっくりした
「もしかして俺って人気者だったのか?」と一瞬錯覚しましたよ(笑


というわけで自分の「あのコトバにありがと」は
何も言わない
である(意味不明)

おざなりに言う「ありがとう」心から感謝しながらの「無言」を比べ
たら自分は後者の方が好きかもしれない


※ この投稿をかくにあたり蔵書に埋もれている「谷川俊太郎の33
  の質問」の発掘を試みたのですが途中で挫折しました(笑
  本の内容その他について思い違いがあるかもしれません

| | Comments (14) | TrackBack (2)

パキャマラド

またまた Doblog - できそこないβ版 - 経由でみつけた「パッキャ
マラドの意味」

「クラリネットをこわしちゃった」ってフランス童謡だったんですね
今朝、初めて知った

パキャマラドの意味なんて考えたこともなかったな~
シンデレラの bibbidi-bobbidi-boo や Mary Poppins の
Supercalifragilisticexpialidocious (スペル合ってるのか?)みたい
に意味のない造語だと思っていた

Au Pas Camarades ですか…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あのコトバにありがと(仮)

まいどのありがと。ブログ
今回のお題は「あのコトバにありがと」
(意味合いからすると「あのフレーズにありがとう」というところ
だろうか?)

これもいくつか候補があるな~

いちばん最初に思い浮かべたのが CHAKA さん(元 PSY・S )の
「Call Me~覚えていてほしい 」という曲のフレーズ

ひとりぼっちじゃない 孤独なんかじゃないよ 覚えていてほしい


2001年は自分にとって別離の年だった
祖父が他界し、仲の良かった同僚やお世話になった上司が転勤に
なったり退職したり、お亡くなりになったり…
まあいつもではなかったけれど、ときには寂寥感でブルーになって
いる自分をみつけてしまうことがあった

そんなときに CHAKA さんの'I Found Love'というアルバムをひょん
なことから手に入れたわけです

「Call Me~覚えていてほしい 」を初めて聴いたとき「いい曲だな」
と思うのと同時になんとなく救われた気持ちになった
考えてみれば自分は本当に「ひとりぼっちじゃない」
むしろひとりぼっちになれる時間の方が少ないではないか…
ロンリーきどってんじゃねえよ、という感じだった

今でも大好きで元気が欲しいときにこの曲を聴いている(このフ
レーズを聴くために)


※ CHAKA さんの作品リストへのリンク
  
※ 松浦雅也さんも確か元○○○○(なぜ伏せ字?)ですよね

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ムーミンのほっぺ

北陸製菓さんより「ムーミンのほっぺ」なるマシュマロが発売されて
いる
ムーミンフリークとしては是非とも食してみたいのだが、食べたこと
がある人たちからの評判がすこぶる良くない(笑


北陸製菓さんといえばムーミンの食玩ということでそのツナガリで
勢いで出しちゃったんだろうと推測する


片道切符さんのところに画像がありました
  確かにカワイイんですけどねぇ
  やっぱ味はお好みではなかったようです
  全国で売るというのも無謀というか…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロケットマン

加藤元浩の『ロケットマン』9巻を入手した
物語も佳境に入ってきた気がする

episode のタイトルに「月は無慈悲な女王」とか「宇宙の戦士」が
使われていたりして SF とミステリー両方が好きな人間としては嬉
しくなってしまう

最初の頃の連作(短編もどき)のストーリーにさまざまな伏線が張
られているのがわかり加藤元浩の力量をあらためて思い知らされる
『Q.E.D.-証明終了-』の19巻も同時発刊されているけど面白さは
断然こっち
爽やかな裏切られ方(意味不明)には快感すら覚える

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最後の『n』の謎

Excite Bit コネタさんでセブン-イレブン、「最後の『n』だけなぜ
小文字?」問題
という記事をみつけた

最後だけ小文字って初めて気づいた_| ̄|○
ちなみに富山県にセブン-イレブンの店舗はない

しかしこのパターンはブリヂストンと同じだなと思っていたら pblog
さんがTBされてました


この記事「コンビニの向こうにアメリカが見える?」も興味深いので
参考までに

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近の時計業界

密かに時計好きを自負しているのだが時計業界の相関性に対しての
知識はあまりなかった

hard で loxse な 日々さん経由でスイス時計業界図なるページを
みつけたのだけど、参考になるな~

主たるムーブメントメーカーがすべて同一グループにいるというの
がまず凄い(もしかして全て ETA のコントロール下にあるとか?)

かつて EBEL CHRONOGRAPH や ROLEX Daytona に El primero が
使用されていたが現在は使われていないのもグループの戦略なのかも
しれない

あと DANIEL JEAN RICHARD 復活に一役かっていたのが
GIRARD-PERREGAUX だったと記憶しているのだが、現在はグループ
違うのね

いろいろ想像してしまう自分であった

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たぶんのBlog管理人

Doblog - できそこないβ版 -さん経由でみつけた石破のオタクメモ
さんのたぶんBlog管理人はこんな感じだ

いいですねぇ

自分の場合は現在、ニュースサイトから「これをニュースで紹介
できるな」と幅広く集めてくる期
あたりだろう

別にそれでいいと思ってますけどね


それでもそこそこ記事のエントリはあるので訪問者がどんな検索
ワードでここに飛ばされてくるのかを確認し「ああ、こういうこと
に興味のあるヒトいるんだ~」などという「へぇー」の楽しみは
ある

今月は飯島真理で5人(推定)もの方がやってきているわけで少し
ホロリとさせられた(意味不明)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

HUMMER LIMOUSINE

このサイトに来訪される方の検索ワードで比較的多いのがリムジン

そんなわけで HUMMER LIMOUSINE

ある意味最強のリムジンじゃないですか?
しかも日本で借りられる(笑

運転する自信ないな~
(イベント用みたいですけどね)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Black Knight

JAGUAR XKR に限定車がでている

Black Knight 黒騎士ですか?

クーペが20台、コンバーチブルが5台の全国限定25台
買うヒトいるんだろうな~

自分的には1600万だすとしたら Black Knight にはいかない
まぁそんなお金はないのだが…(またこのオチか)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジョイトイとは

語源blogさんにインリン・オブ・ジョイトイの「ジョイトイ」とは
何か?
という記事がエントリされている

これは気になっている人がいるのではないか
(かくいう自分も)

ヒラオカノフスキー・クラタチェンコですか…(ロシア人怒るぞ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PageRank 比較

いつも参考にさせていただいているPurple Aquariusさんにブログ
サービスPageRankリスト(2004/10)
という記事が…

Google の PageRank なので Blogger が高いのはわかるけれど
LOVELOG が意外にもいい位置にいる
(これをみて登録者が増えそう?)

OCN ブログ人は livedoor Blog やココログと同じ位置にいないと
ダメでしょ

| | Comments (1472) | TrackBack (0)

長訓読み

Doblog - できそこないβ版 -さんで紹介されていた長訓読み選手権

漢字は表意文字だから…
とはいっても長すぎるし、具体的すぎる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ツナガリにありがと

まいどのありがと。ブログ
今回のお題は、「ツナガリにありがと」

自分は(以前も書いたけれど)大学時代の後輩を嫁にもらった

2人ともある倶楽部に所属していたのだが、この倶楽部員同士の結婚
率が(とある年代において)けっこう高い

自分を基準として
1コ下の後輩と2コ上の先輩は約5割
2コ下の後輩は7割強(嫁は2コ下の後輩)
1コ上の先輩はゼロ(結婚している人自体が少ない)
同期は1割ちょい欠け

※ 数字は部員全員ではなく既婚者のうち何割かを表しています

やはり多いのは学生時代から同じ相手と付き合っていてそのままと
いうケースだけど、自分たちのように社会人になってから付き合いが
始まり
というケースも4組ほどいるみたい(除く我々夫婦)

ちなみに対象年代(同期±2)の部員夫婦で離婚数は今のところゼロ


OB会の名簿などで確認すると後にも先にも部員同士の結婚がかくも
多い年代はそのときだけのようである

偶然といえばそうなのかもしれない

ただウチの場合は部員同士の結婚披露宴(もしくはパーティー)で
何度か顔を合わせているうちになんとなくという感じなので同様に
付き合い始めたり、あるいは触発されて決意するに至ったカップル
がいるかもしれない

いまだにこの世代は何かにつけ集まって楽しくやっている
ありがたいと思う

| | Comments (0) | TrackBack (3)

つぶやき

ネコバス通信はマトモな記事もある(?)けれど、ほとんどが自分の
つぶやきのようなものである

以前は内容の薄っぺらなものを頻繁にエントリするより練った記事を
週1でもいいから更新する方がいいかなと思っていた
しかし乙武洋匡公式サイトのように他人にお膳立てまでしてもらって
いるサイトが(しかも書き手はプロ)週1すら更新されていないのを
みるとなんとなく「自分は練ってもさほど名コラムがかけるわけでは
ないのだからよんでもらいたい(誰かに知らせたい)ことをこまめに
エントリする方がいいのかな」と考えるようになった

Blog(ブログ)文化がもたらすビジネスと SEM の関連性という記事
に「ブログは単なる日記サイトではなく口コミで情報を流通させる新
しいメディアである」というようなことが書いてある
自分としてはつぶやきの中にもそういった役割を担えるような部分を
埋め込んでいけたらいいなと思っている

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PLUTO 第1巻

PLUTO 第1巻をようやく買えた

Act.6 はよみのがしていたので最初によんだ
やはりノース2号やられてしまっていた
でもダンカン氏とは心をかよわすことができていたみたいでよかった

連載の進み具合から第2巻目が出るのはかなり先のことになりそう
だなぁ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ブログサービス実際の利用者

6月にシェア4位のデメリット考という記事をエントリした
その時、ブログコンテンツサービスを活きている(意味不明?)ブログ
数で比較できたらいいなと思っていた

小鳥(a little bird)さんのどのブログサービスが、最も実際の
利用者が多いのか
はその思いを満たしてくれる内容である
(ぜひ、ご一読を!)
小鳥さんだからできた試みなのだろうし、サンプル数1とはいえ、か
なり現実を映している結果のような気がする


さてネコバス通信の現状であるが、日々の訪問者は 120~170くらい
で安定してきた
このくらいが自分としては気兼ねなく記事を書ける上限のように思う
ありがたいのはブックマークしてくださっている方が30人(推定)
を超えたことである(この程度の内容で本当に申し訳ない。ただ励み
になっております)

| | Comments (22) | TrackBack (0)

Megane

LE VOLANT のサイトに member 登録してみた(無料)

Prius に乗り替えてから AUTOCAR 以外の雑誌は買わなくなったけれ
どネットでここまで情報(最新ではないけれど)が入手できるのだ
から無問題である


最近、気になっているクルマが RENAULT Megane
Avantime 本命なのだけど予算的に無理なので現実的な線としては
1.6の Megane HACHBACK

※ daily affairs さんのプロが見たメガーヌに Megane の情報への
  リンクがあります
  凄く参考になりました

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »