« May 2004 | Main | July 2004 »

姑獲鳥の夏

「姑獲鳥の夏」(京極夏彦)映画化だそうで(笑
やはりというか配役についてはみなさん拘りがあるご様子
賛否両論の「賛」がほとんどない状態だ

一番「ダメ出し」が多い(きちんと集計はしていない)のは木場役
の宮迫博之(激しく同意)
江戸弁、できるの?

京極堂(堤真一)もかなり…
個人的には関口が永瀬正敏なら浅野忠信をもってきて欲しいところ
である

榎木津(阿部寛)が最も無難だろうか…
あのキャラをつくれるならば Gackt あたりの榎木津も観てみたい
気もするが

いずれにせよ出来上がったものを観てみないことには配役の妙は語
るべきではないのかも知れない
(「ピンポン」の窪塚=ペコを観て自分はそのことを悟った)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

@nifty 次の一手への期待

「シェア4位のデメリット考」の記事で引用させていただいた初瀬野
慶久さんのブログ「情報酒場」に新たに今回は見かけの数字に惑
わされている人が多数いて見るべきものに目が向いていないの
ではないかという事を感じたのです
がUPされていた

さっそくコメントを書こうと試みたが「問題が生じ」るらしく受付けて
くれない(何故?)

というわけで初瀬野さん式に「新規投稿」+TBでコメントとさせて
いただく

※ 今回TBをいただいた記事は「私の伝えたかったこと」うまく
   要約してありますね(ありがとうございます>初瀬野さん)

確かに最近案内を掲示後ココログから移転してしまうサイトをよく
見かける
ただ他のサービスに移るというよりはレンタルサーバ(もしくは自
サーバー)でMTに移行してるものが多いような気がする

※ 掲示板で情報交換している仲間から「オマエはlivedoor Blog
  や JUGEM を過小評価しすぎだ」的な批判を受けました
  確かにそうかも(笑
  客観的にみればJUGEM は魅力あると思いますよ
  自分でもブックマークをしているサイトも多いですし、牽引サイト
  も増えつつあるような…(雑誌が特集を組もうものなら一気に
  盛り上がる可能性が)

自分としては「他ブログコンテンツ無料サービスでできることは
もれなくココログでもできるようにして欲しい」とはあまり思って
いない
※ 補足、ベーシックの場合に於いて

むしろはてなを意識して欲しい
「つながり」を重視したサービスはまだまだ開拓の余地があるよう
に思う(キーワードだけでなく)
無料で(有料オプションでも安価なら自分は受ける!)そういうサー
ビスを提供できませんか?>@nifty さん

| | Comments (0) | TrackBack (1)

シェア4位のデメリット考

初瀬野慶久さんのブログ「情報酒場」ココログのシェアが後退した
そうだが、それってどうでもええのではと素人考えだがデメリットっ
て何?教えてエライ人
という記事をよませてもらった

シェアが下がったら一般「ココログ」ユーザーにどんなデメリットが
あるのか?
20分くらい考えたけれども、やはり自分も現時点では「特にない」
ような気がする

シェア低下という要因がさらに他ブログコンテンツサービスへの
乗り替えを促進するかといえば、そんなことはない(推測)
ココログでそこそこアクセスのあるサイトであれば(極力)引っ越し
はしたくないはずである

新規は減るかもしれないが、その打開策として @nifty が打つ手
は既存ユーザーにとっても「ありがたいもの」になるかもしれない
(希望的観測)

そもそも livedoor Blog JUGEM がシェアを伸ばしてこれたのは
「無料だから」という点が大きいと思う(もちろんカスタマイズ性やオ
プションの面ですぐれたところもあるのだろうが)
しかしながらこういった無料サービスは利用者がが増えてもそのまま
では運営側にメリットがない(憶測)
利用者が増えれば増えるほどコストはかさむ
でも利用者からお金は取れない
こういった状況下のおいてはシェアの増大こそ利用者に<より>デメ
リットをもたらすのではないかという気がする


自分にも疑問がある
シェアを把握するために何をカウントしているのだろう?
単に登録者の数だとしたらあまり意味がないのではないか
livedoor Blog にも JUGEM にも自分はユーザー登録だけはしている
しかし利用しているのはココログはてなのみである

幽霊をカウントして「シェア○位」って(笑

※ むしろ Maven と Connector の数を比較したらココログははてな
   とMTに次いで多いような気がする

何も心配はいらないのである(たぶん)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

「雷克薩斯」不評

トヨタの自動車中国名、レクサス(雷克薩斯)不評

最も受け入れがたい名前は「雷克薩斯」――。広東省広州市の有力
紙、広州日報が読者を対象に外資系自動車の中国名の印象を聞いた
ところ、7割の回答者が最も印象の悪い名前としてトヨタ自動車の
最高級ブランド「レクサス(中国語名、雷克薩斯)」を挙げた。漢
字重視のお国柄だけに、ネーミングの難しさが浮き彫りになった格
好だ <一部引用>


万事抜かりのないトヨタにしては久々の大チョンボではないか?
そもそも雷克薩斯は改名後のもの
緻密な戦略等が練り込まれていてしかるべきなのに
改名前の「凌志」の印象はどうなのか、ゼヒとも知りたいところで
ある

※ きつねのすみかさんもこの記事について投稿をされてます
  「霊駆早主」はどうかという大胆な提案も(発音がレクサスとは
  異なるので採用はされないと思いますが…)
  
再度、改名するのか雷克薩斯のままイメージアップを計るのか
トヨタのお手並み拝見というところである

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NATURA

数ヶ月前、ようやくデジカメを買った
便利ですな(笑
不満は家庭用プリンターでのプリントが「いまひとつ」ということ
結果的に長く残したい写真のプリントは行きつけの量販店に頼む
ことになる

FUJIFILM からノンフラッシュによる新しい写真の楽しみ方を提案
する 超高感度の銀塩フィルムだから実現できる新システム
「ナチュラルフォト(NP)システム」 NATURA 新開発

とのことである
ちょっと欲しいなと思った
ただ売り文句の中に「フラッシュが使えない美術館」でも撮影できる
みたいな事柄がはいっているのはどうなんだろう?
フラッシュは禁止だけど作品の撮影自体はできますよっていう美術館
なんてあまりないと思うけど

スナップには使える(たぶん)
特に赤ちゃんの撮影にはイイのではないかと思う
姪を撮るときフラッシュの光が何らかの悪影響を及ぼすのではないか
と三脚固定・ノンフラッシュで撮影していたのだか、これなら手持ち
できそうだし

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この映画にありがと!

ありがと。blog 、今週のお題は
「この映画にありがとを言わせてくれ!」


フリのコメントにちょっとウルッときてしまった
亡き相米慎二監督には本当に「ありがと」をいいたい
彼がいなかったら学生時代あんなにも貪るように日本映画を観る
ことはなかったと思う
(ご冥福をお祈りする)


自分にとって「ありがと」をいいたい映画のひとつは「風になりた
い」
の記事の中でも触れた「ハル」(森田芳光監督作品)である

この作品は大学の後輩(女の子)といっしょに観た
その時点で知り合ってから8年も経過しており、当時彼女と自分は
東京と富山という離れた場所で生活していた
たまに自分が上京する際に食事をしたりはしていても「さてふたりの
関係は?」と考えたときには「単なる先輩と後輩」の域を出ていない
頃だった


東京と岩手で別々に生活しハンドルでしか相手を知らない「ハル」と
「ほし」がメール交換を通じて徐々にお互いのことを知り、いつしか
相手が「大切な人」であることに気づいていく


そんなストーリーに何となく背中を押されたのか、帰り際に「つき
あってくれないか」というひとことがさらりと出てきた(ミラクル?)

燃え上がる恋愛もないまま2年後、ふたりは結婚してしまうわけだけ
れど、関係の温度は6年たったも今も変わらず一定(40℃くらい?)
に保たれている

時には「おまえがよけいなことをしなければ!」とうらめしく思うこ
ともなきにしもあらず(笑
でも、それなりに幸せなのでやっぱり感謝している

ありがとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハッピーエンドでなきゃイヤ症候群

伊坂幸太郎の著書を「重力ピエロ」「アヒルと鴨のコインロッカー」
を立て続けに読了した
いろいろこの手の小説をよんでいると結末はある程度予想できるもの
それでもなお一気によませ、よみ終わってからも爽やかな後味が残る
やはりタダモノではない伊坂幸太郎!


自分もついつい(一連の伊坂幸太郎作品のように)
ここちよさを求めてハッピーエンドの作品に手が伸びてしまうけれど
FlowerLounge さんで<『大きな古時計』と「ハッピーエンドでな
きゃイヤ症候群」
>という記事をよんで「なるほど」と頷かされてし
まった


しかし、もし彼/彼女がハッピーエンドでなきゃイヤ症候群であった
場合、ハッピーの甘いお菓子しか受け付けない、自分に都合の悪い
ものは改変すればいいなんて思うワガママな子供を増やした可能性
だってあるのです。口当たりのいい美談ばかりでは、現実を乗り切れ
ない <一部引用>


現実には「人生は塞翁が馬」であり、ある人々へのハッピーは別の
人々のアンハッピーを生み出していたりするわけで何でもかんでも
思い通りにいかないのが常である
そういったことは受け入れなければならない

でも暴力シーンもダメ、パクリもダメ、「ハッピーエンドばかり」も
ダメ、そんな制約で雁字搦めにしてしまうと、面白いモノ・売れるモ
ノのをどのようにして作家さんたちは創作すればいいのだろう?
そんなふうにも考えたりする

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ホルモン入り牛乳が巨乳をつくる?

ここからもリンクを張らせていただいている「町山智浩アメリカ日
記」に「アメリカの女子高生に巨乳が多いのは病気か?」という
なんともスケベ心を刺激するタイトルの記事が載っている

しかしながら内容としてはニンマリしながらよめるものではなく
むしろ眉間にシワが寄り、読後に暗い気持ちにさせられてしまう
(つけられたコメントも皆なかなか興味深い)

「ホルモンを使っていません」という表示が営業妨害になって、訴
訟を起こしたら勝ててしまい、以後(表示が)使えなくなる
さすが正義の国USAだな~(笑

※ 「乳の話の続き」も合わせてどうぞ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コンビニおにぎり

コンビニおにぎりには何かとお世話になっている
これはある意味寂しいことでもある(ちなみに自分は妻帯者)

ひとそれぞれ好みはあるのだろうが、自分はごはんにしっとり貼り
付いたのりは好きではない
(やはり食す直前にパリッとしたのりで包みたい)

コンビニおにぎりの包装はその点よく考えてあり、個人的には
何かしらの賞をあげたいくらいである
こちらで包装の自動加工機で国内シェアほぼ100%を誇る会社
ザ鈴木」(!)が紹介されている


実は、一世をふうびした今のカットテープ式おにぎりにも社長は
満足していない。角のすき間から異物を入れられたり、のりに折り
目がついて破れたりする可能性があるからだ。7月、こうした欠点
を解消した新方式のおにぎりが、大手コンビニの店頭に並ぶ
                  <一部引用>

少し楽しみである

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「99%の誘拐」

徳間書店より出版されていた岡島二人の「99%の誘拐」が講談社
文庫より刊行された

誘拐モノといえば天藤真の「大誘拐」が白眉なのだが、それに並ぶ
くらいの力作である


末期ガンに冒された男が、病床で綴った手記を遺して生涯を終えた
そこには8年前、息子をさらわれた時の記憶が書かれていた。そして
12年後、かつての事件に端を発する新たな誘拐が行われる。その
犯行はコンピュータによって制御され、前代未聞の完全犯罪が幕を
開ける
第10回吉川英治文学新人賞受賞作! <文庫背表紙より引用>


※ 未読の方は万全を期すため以下はよまないで下さい

二十年という時をへだてて起こった2つの誘拐事件
ミステリーのジャンルとしては倒叙物というやつで
Richard Austin Freeman
が The Singing Bone という短編集で確立した手法である
「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」のように犯人が誰かを読者に知らせた
うえでストーリーは展開していく
自分がこの作品を好きな理由は殺人も起こらず暴力シーンもないこと
そして犯人が自己のためというより無念のまま亡くなった父親の復讐
のために完全犯罪を成し遂げようとしていることだろう

こんな面白い小説が何故絶版状態だったのだろうか?
不思議に思う


書籍・雑誌 | | Comments (0) | TrackBack (1)

Esther

洋楽は classic・民族系等を除き積極的には聴かない
そんな自分でもマドンナの楽曲を耳にすると「いいナ!」と素直に
思えるのがいくつかあって彼女は「売れて当然」という気がしている

マドンナが改名!?

というこの記事をよんで本当に「マドンナ」というブランドを完全に
捨てて挑戦することに周囲が賛同してくれるのかなと心配になる
(かなりのリスクじゃないだろうか)
自分がプロデューサーなら説得する
「マドンナでいくべきだ」(そうすればウハウハなんだ)と

Esther を単独ユニット名(洋楽の例は知らないけど「コーネリアス」
「 T.M.Revolution 」「 Tommy heavenly6 」みたいな)にするという
のでは「違う名前のエネルギーをつかめない」のかな?

改名しても「元マドンナ」という但書きはずっとついてまわるんだろ
うし

※ ここではもう「改名した」というニュアンスじゃないですか?
  (英文読解力に難あり)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ココログ定住宣言(か?)

アクセス解析を始めてから「のべ」で300人くらいの方がここを訪れて
くれている

内100人はおそらく自分自身(笑
記事の添削、編集がけっこう多いので投稿数のわりには回数が
カウントされている
その他の方で10回以上リピートで覗いてくださっているのは現在
3名だけである

URLを掲示させてもらっている掲示板が2つあるが、それ以外
は「まるっきり宣伝をしていない」状況を考えると1ヶ月半でこの
アクセス数はそこそこ多いように感じる

リンク元はココログ(おそらく新着記事一覧)が大半を占めており
検索結果からのリンクはほとんどない
(他人が興味を抱くようなテーマに触れていないということが判る)

自分がここを開設した当初と比べると実に様々なところがブログ
コンテンツサービスに参入しており時折「引越しの誘惑」にかられる
のであるが、限界SS xlh883さんの「この試み」の結果をみると
やはりココログで腰を据えて取り組むのが(今は)よさそうである
(容量とか無料版でのカスタマイズ性とかどうでもよくなるメリット
だと思うのだが)

果たして自分はより多くの方に書いたものをよんでもらいたいのか?
そうであるならば読者を「一見の客」で終わらせてしまうツマラナイ
記事を何とかするのが先なのであろう

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「風になりたい」

THE BOOM は「島唄」や「風になりたい」をたまにカラオケで歌った
り、映画「ハル」(森田芳光監督作品)に宮沢和史が出演している
のを観て「おおっ!」と思ったりする程度には好きである

風になりたいを1,000人で唄おうプロジェクト」を見つけたのは
たまたまで、「100人のサンバ隊、900人の唄い手(何かしら、楽器
を持っているの理想)、合計1,000名の「風になりたい軍団」が、青
空の下で大合唱を繰り広げる<プロジェクトのビジョン引用>」と
いうのが何となくスケールのでかさを感じさせてくれた

現実的には鳴り物を使い屋外で900人が合唱するなど、とてつもなく
困難なことであろう(如何にして合わせるのか?)

一応参加登録した(上京しなければならないため日程によっては参加
できず)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

でんきを消して、スローな夜を。

もうすぐ、このイベント

ロウソク買ってこようかな


※ 火事を起こさないよう気をつけましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メローイエロー

ごく一部で早くも話題騒然なのがメローイエローの復活である
詳細は判らないがセブンイレブン・ジャパンのこのページにボトル
缶が掲載されている(こちらには情報なし)

高校の食堂の自販機でよく飲んだのを思い出した(何年前だ?)
セブンイレブン限定販売なのだろうか?(わが県内にはセブン
イレブンがない!)

まあそれでも手に入れることは可能だからありがたい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

上田知華+KARYOBIN

加古隆の記事を書く際、金子飛鳥の名前に久しぶりに触れ「上田知
華+KARYOBIN」のことを思い出した

懐かしくて検索してみたのだか結果をみて小一時間思い出にひたる

「いつものエピローグ」「 SCHOOL 」「 See You Again 初恋 」
「 Lady's Blue 」
そして大好きな「さよならレイニーステーション」

CD(復刻版、音ダメ)を探して引っ張り出して聴いてしまった

上田知華さんが斉藤由貴や今井美樹などに曲を提供しているという
のは恥ずかしながら初めて知った
彼女のごく最近の活動状況については検索にヒットしなかったので
(残念ながら)不明である

80年前半だからもうかれこれ二十余年が経過しているわけでこの
ユニットのことを覚えているヒトもあまりいないのだろう(当時から
知っているヒトは少なかったように思う)

いまのうちに手にはいるCD等はGETしておいた方がいいのかも
しれない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レクサス生産は2工場

トヨタ自動車は来年8月に国内に導入する高級車ブランド「レクサス」
向け乗用車の生産を、現在の6工場体制から田原工場(愛知県田原
市)と子会社のトヨタ自動車九州(福岡県宮田町)に集約する。専用
ラインを整備し顧客が生産現場を見学できるようにする。レクサスは
国内の富裕層を狙う戦略ブランド。他のトヨタ車とは別の専売店網を
開設するのに加えて、生産面でも専用工場体制を敷くことで高級ブ
ランドとしての価値を高める      <一部引用>


これは当然そうすべき戦略であろう

「LS」が 2006年までにラインナップに加わらないというのはどうな
んだろう?(「LS」のないレクサスってSクラスのないMB以下だと
思うのだが)
あと個人的には「RX」「GX」はともかく「LX」はシグナスのバッチ
替えでもいいから当初から投入するべきだと考えている


トヨタ、レクサス国内生産を2工場に集約

| | Comments (1) | TrackBack (0)

「映像の世紀」

加古隆が高岡にやってくる
ゲストには 元KARYOBIN の金子飛鳥
ともに大好きだ

加古隆のアレンジは奇をてらったところがなくすーっとしみこんで
くる
金子飛鳥のバイオリンは斬新で独創性がある

このふたりがどうセッションするのか楽しみだ


加古隆コンサート「映像の世紀」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SUKIYAKI 速報 その2

出演アーチスト及びスケジュールが決定したようだ

詳しくはこちらを参照

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニュートリノ

素粒子「ニュートリノ」に質量があるかどうかを実験で調べていた
高エネルギー加速器研究機構などのグループは11日、「質量がある
確率は99・99%」と発表した

質量の存在は、大気中で発生するニュートリノの観測ですでに確実
となっていたが、極めて精密な今回の実験で完全に証明された
小柴昌俊博士にノーベル賞をもたらした日本のニュートリノ研究は
再び金字塔を打ち立てた
              <一部引用>


「スーパーカミオカンデ」のある神岡町は上高地や奥飛騨温泉郷に
足を運ぶ際、通過する。小柴昌俊博士がノーベル賞を受賞される前
から温泉施設に「ニュートリノ」という名前をつけたりして親しんで
いたようだった

「ほぼ確実」と「99・99%」のニュアンスによる違いがピンと
こないけれど、そのような結果がでたことはめでたい


ニュートリノに質量「99・99%ある」研究グループ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

給油はもう少し先だけど

ガソリンが高い

この辺でもっとも安いスタンド(セルフ)でもレギュラーガスが
109円まで上がってきている(6/9現在)


米国でも戦争前と比較して1ガロン(=3.785L)あたり
50セントも上がっており、この記事に対しては Yahoo!News 内で
当日、最もメールが多く寄せられたらしい
(それでも日本より安い?税金とかよくわからないので比較ができ
ない)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国初のshowroom(Ferrari)

「1993年に初めて売れて現在まで150台しか売れていないクルマ」
の昨年の販売数が100台(-Maserati)近いって凄い

中国おそるべし!

Bentleyの正規代理店(?)がすでにあるというのも少し驚いた


Ferrari opens first China showroom

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Astro Boy

Tartakovsky to Write and Direct Astro Boy

Astro Boy(鉄腕アトム)の監督(ハリウッド版?)が
Genndy Tartakovsky って人に決まりのようだ(誰?知らん)

「フルCG」の作品になると聞いていたが記事の内容からすると実写
とアニメ、animatronics を「融合させたもの」になるらしい

創るのは勝手だけど GODZILLA みたいにオリジナルを虚仮にしたよ
うな作品にはして欲しくない(アトム好きだし)


※ ビッグコミックオリジナルで浦沢直樹さんが PLUTO を連載してい
  ますね
  「じゃあ、それはいい(許す)のか?」って話になると思うけど
  
  「いい!」(笑)
  
   PLUTO からは浦沢さんの「地上最大のロボット」への(ひいては
  手塚治虫先生への)リスペクトがひしひしと感じられます
  実際、ワクワクしながら次回連載を待てる作品になっていると
  思うし「オリジナルを虚仮にしたような作品」とは対極にありますね
  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

運転中の携帯利用

6月3日、運転中の携帯電話の使用に罰則を設けた改正道路交通法が
成立した。6月9日に交付予定で、12月9日までに施行される

改正道路交通法では、車やバイクの運転中に携帯電話を使用した
場合、3カ月以下の懲役か、50,000円以下の罰金が科せられる。通話
だけでなく、メールやインターネットを確認するといった手にとって
携帯電話の画面を見る行為も処罰の対象となる。ただし、ハンズフ
リーキットを利用した通話などは認められている。また、今回の法律
では、自転車運転中の携帯電話の利用については特に明言されてい
ない。6月9日に交付予定で、その後6カ月以内に施行される
                  <一部引用>


通話については以前より同様の処罰があったわけだか、現在も運転し
ながら携帯で話しているヒトをよく見かける(取り締まっているのか?)
チャイルドシートも然り
抑制効果は期待できそうもない

運転中に携帯利用で罰金5万円、改正道路交通法が成立

| | Comments (0) | TrackBack (0)

上々颱風

上々颱風が金沢百万石まつりの「セントラル ミュージックナイト
2004
」というイベントに出演するようだ

「愛よりも青い海」しか実はよく知らないのだが上々颱風はけっこう
好きである(高校時代の友人(男)と7年前くらいにカラオケ行った
とき、彼が「愛よりも青い海」と何か別の上々颱風の曲を歌った。意外
にも違和感がなく「いいな」と思った)

※「散打( San-Ta)」のHPにも上々颱風のオフィシャルHPへの
  リンクがありました

| | Comments (367) | TrackBack (0)

言いまつがい

我家では自分や妻が言い間違えたり、噛んだりすると容赦なく相手に
突っ込みを入れている
母親は「爆笑モノ」の言い間違いをよくやってくれる

糸井重里というヒトの企画はけっこう自分好みなのだがこの本はツボ
にハマった(このHPも見ている)
おかしすぎて自分の部屋以外では迂闊によめない



書籍・雑誌 | | Comments (1922) | TrackBack (0)

SLR クロノグラフ

SLR マクラーレンのオーナーしか購入できないクロノグラフ
だいたい SLR マクラーレンっていくらするんだ?
だけど、特定車種のオーナーのみ購入資格を限定する販売
方法は面白いのではないかと思う
フェラーリ(GP)、ベントレー(ブライトリング゙)のように誰でも
(お金があれば)手に入れることが可能だとプレミアム感は確か
に薄れるかも

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »